FC2ブログ

新たに学習中

 今年になって学びだしたことは、私にとっては経験のない事であり、新鮮であるとともに私自身の性質に合ったものだと感じているので、日々がとても楽しく嬉しく面白いとは、感じています。

 歴史、基礎、コミュニケーション、基本技術、チームワーク、応用技術、人、事例研究、特殊技術と課題ごとに分類された各テキストは、学習が進むにつれ体系化されて行き、感動的でさえあります。

 正直なところ、私は学ぶことだけで十分満足であり、テキストと講師から学ぶことにもっと集中したいと思っています。が、たまたま一緒に学ぶことになった方達との連携も学ぶべき課題になっています。

 周囲から苦手と見られることは無いのですが私は人付き合いが大の苦手です。勝手に個人の痛みを感じてしまったり、集団のエゴを感じてしまったりするからです。それをどうするのか学ぶしかないようです。
 

身勝手

 以前は、自分勝手で人のことを考えない自分がとても嫌いでした。このところは相手を認めるようになり自分のことも気にならなくなってきています。そんな自分の変化が面白いなって思っています。

 私にとって、この世の中の絶対は私です。私にとって、私の死がこの世の終わりを意味します。ですので、そもそも人を気にする必要はないハズなのですが、人は人に大きく影響され生きて行きます。

 私も人、その中の一人ですから周囲の影響を受けながら、周囲に影響を与えながら生きて行きます。それが人のごくごく自然な姿なのでしょう。相手を気にして自分がどう見られているか気にしてる。

 今は、自分のことが気に成らなくなった代わりに誰かの苦しさに対し何もできない自分に苦しがっていたりします。バカなんです。私が何をしても、どう生きたとしても人の気持ちは変えられないのにね。
 

自分観察

 お陰様で私には、こうしてほぼ毎日自分を振り返り、起こったこと感じたことを整理し考えどんな一日だったか、まとめる時間があります。最優先事項ではないので時々さぼりますが幾つかのメリットがあって続いています。

 そう言えば、「日記を書くことでストレスが発散される」と言う話を聞いたことがあります。失敗の分析、嬉しかったことの確認、人とのかかわりや自分自身の在り方について整理しているのですから、心が安定するのでしょう。

 整理された思考に沿って私は行動します。ですので自然と行動も相手や周囲の環境中心ではなく私が整理した私の考えに沿ったのものに成ります。正しいとは言いませんが自分の行動に対し納得がいっているわけです。

 一日を振り返ると言うことは、自分を観察していると言うことに他なりません。様々な場面が思い出され些細な周囲の動きや言動、その時の風や雲の流れ部屋の明かりの具合まで思い出されます。そして面白いと感じます。
 

新しい悩み

 研修先で、基本的知識を学んだあとに新たな課題が与えられ、資料が渡され読み取り分析が始まります。グループ学習では、自然と役割が決まり、時間制限があるため私が分析内容の要約を話し、書記が書き止めメンバーからの意見を求めます。

 出来上がった分析は良い評価を得ましたが私は悩みます。時間内には終わらないかも知れません、良い評価ではないかも知れません、でも各自にフラストレーションが溜まるのでは?もっと自分で考えた方が各自の身に付くのは明らかなのです。

 休憩時間に今一度分析内容を整理し次の授業前に声を掛けメンバーと小さな討議をしました。何とか付いてきてくれる人、細かい点を指摘してくれる人、そしてやはり思考が進まない人。今の私に出来るのは、ここまでです。善し悪しは分かりません。

 人は、自分で考え自分で判断します。思考の仕方はそれぞれで考えがまとまらない方もいるかも知れませんが、その中で考え判断し行動します。私には、それが正解に思えて仕方がありません。ですのでグループ学習で意見を求められるのが苦痛。
 

自分分析

 新たに人の観察の仕方を学んでいます。今まで学んできていたのは、ビジネスニーズを中心とした論理的思考と科学的分析に仮説を軸にした実験と検証でした。あるニーズに対する集団のマネジメント技術、思考のしかたと言って良いと思います。

 今学んでいるのは、尊厳を核とした一人の人の自立を目標としたニーズの理解です。その人個人の心身状態と人間としての特徴、環境因子に個人因子、生活と家族・友人などとのコミュニケーション、一人一人違う個性のニーズの理解と提供です。

 観察と言っても相手は人です。プライバシーを無視しての観察は出来ません。会話の中から、わずかな触れ合いの中からその人個人とその人を取り巻く環境と行動の変化に気付き考える。仮説を立てるためには、人に対する知識が足らないようです。

 何かを学ぼうとする時には、何時もそうであるように、今回も何を学ぶべきか手探りで知識の構築を行っています。何時もと違うのは、他の人の深層心理に触れるような罪悪感的な奇妙な感覚です。その人に気付いてもらうため行為に対する罪悪感。
 

ご飯が美味しい

 体を鍛えております。筋トレではなく歩く距離を伸ばしています。以前にも一度やったのですが車での移動をやめ電車にし尚且つバス代をケチり2km程度歩くのです。前回は3年ほど続けて楽な車に戻ってしまいました。

 今回は、初めて3か月、最初の壁は超えましたが、まだ体は出来上がっていません。でも前回の経験から言うと腰が安定し足の筋肉がパンパンを迎えていますのでそろそろ峠超えです。そうそう体重も4kg落ちました。

 下半身を使うのは、運動の基本ですし運動によって心身の健康が改善されます。取ったエネルギーが循環し内臓や各筋肉やバランス感覚も高められ体力が付きます。それに歩くは、気分転換になるのでストレス軽減。

 健康は、自分で作ることができます。誰でも健康でいたいとは思うのですが運動をしない人も多くいます。医療で病気は防げます。でも、運動による健康とはチョット違うかな。さて、私の健康寿命は延びるでしょうか。
 

睡眠

 明日の事は明日考えればいいとの安ど感から脳の活動がユックリになり私は眠りに付く。今日の記憶は脳組織内に定着し昨日の記憶と混ざり私に夢を与える。それが終わるころから更に深い眠りに入り込む。一段、二段、三段、四段階目の深い深い深い眠り。

 5時間?今の季節は朝が早い。朝の光を浴び私は目覚め脳内時計がリセットされる。脳は、スッキリしているがエネルギー補給してやるまでは、動きたがらない。新しく作り替えられた私が新しい今日を始める時は何時もボンヤリから始まりエネルギーを欲しがる。

 鼻は敏感だ。今日も無理して起きたmomoさん(嫁)が作る目玉焼きの匂いが胃を刺激してきた。食卓に並べられた白、緑、赤、色とりどりが目から飛び込む。唾液が溢れ出す。私は幸福感の待つ席に付き笑顔を交わす。幸せ者なのだと思いながらつばを飲み込む。

 昨日と違う私は、今日また違う初めての経験をする。知らない人とすれ違い知らない景色を見る。新しい知識を得て満足する。その間、睡眠砂時計の砂はサラサラ落ち続け、体と頭の疲れに気付かしてくれる。疲労感もまた楽し、私は、今日のフッラッシュバックを味わう。
 

私からのメッセージ

 随分と前から私は皆が部屋に入れるよう鍵を開けています。誰よりも早く行き今日の点検をするからです。長い間そうなので昨日も部屋の鍵を開け、ホワイトボードにメッセージを書くことができました。

 私の思うこと
 私逹の目標は、皆でゴールに辿り着くことです。
 相性は、あるでしょう。
 でも、目標を違えないでください
 考え工夫をしましょう
 私達は何時も試されています。
               g-mon

 一人、二人と部屋に入ってきます。誰も何も言いません。
 
 
 
 そろそろそれぞれの役割につく時間、私は用を済ませて部屋に戻りました。
 「ホワイトボード消すね」
 Aさん「あ、g-monさん下の方の”逹”よく見てくださいよ」 「?なに」
 Aさん「棒が一本、抜けてますよ」 「え~!」
 Bさん「なんだー、間違い探しだったのかー」 皆さんの笑
 Bさん「だいたいもっと濃いペンで書いてよ、読み辛くって困るよ」 笑い
 Aさん「でも、良いこと書いてあると思いますよ」 
 「おおー、初めて褒められた?」 皆さんドっ!との笑

 ミニ社会の中で、その話は、2度と出ませんでした。
 でも、ミニ社会の中の雰囲気が変わったのは、私にも分かります。

 ホワイトボードにメッセージを書くのはとても勇気がいりました。書いてる途中に1名入ってきたので恥ずかしくもありました。でも、頑張って良かったと思います。
 

気付いて

 この世の中、判断の基準に相性が優先される時があります。意固地になってしまった人は変えられません。自分しか見れない人を変えることは出来ません。誰も他人の心は変えられないのです。

 それでも私は、気付いて欲しいと思うのです。目標があるのであれば、意固地になる必要はない。そんなに誰かを嫌いになる必要は無い、と。どこでも起こること、誰でも経験すること、虐め?

 私は、少し離れた所でその場面を見ています。私を含めた関係者たちの位置を見ています。小さな問題や軋轢が絡み合い積み重なっています。見えていますが介入はしません。外に出なくては。

 様々な小さなミニ社会、目的はそれぞれ違っていても共通の目標があるハズです。相性もあるでしょう。でも、目標を違えては、ゴールには辿り着けません。私達は、何時も試されているのです。
 

手抜き

 今年に入ってから上手に手を抜くことを覚えました。完璧でなくとも出来切らなくても、そこそこ形になっていれば、いいのです。やらなくてはならないことはやって、それでも自分を守れる範囲以上はやらない。その一線を自分で見極めることができるようになりました。

 やっとです。昨年までは、24時間フルで考え続け行動し続けても満足できる結果には辿り着けませんでした。限られた時間で伝える工夫を沢山しましたが伝わったかどうか、とても不安です。もしかしたら知らず知らずの内に完璧を目指していたのかも知れません。

 今は、私を待っていて下さる大勢の方がいることを知っています。そして私に求められるのは、心身共に健康な私が長い間、安定した状態で待っていて下さる方たちの側に寄り添うことです。でも、皆さんは気付いていないかもしれませんがそれは誰もに求められていることでもあります。

 一時的な無理は、必要な場合があります。でも、長い間の無理は、人を壊してしまいます。人間は人とのかかわりの中で生きていて誰かの何かしらの役に立つことで満足できるように出来ています。その基本は、心身の健康です。ですので、手抜き、覚えましょ。