FC2ブログ

スカイ・クロラ

 今日は、PCサポートの方が5時過ぎを指定され諦めていたのですが、予定より早く来てくれキッチリ、何時もの「つきみ野」は無理でも「多摩センター」なら間に合う、ならば映画館にGO!!

「スカイ・クロラ」パンフ表紙

 見たかった映画「スカイ・クロラ」、美しい映像に優しい音楽、考えさせられるストーリーに心を掻き乱す激しい戦闘シーン、予想以上の作品でした。

戦闘シーン1殺しあう事が仕事の子供たち

 その世界では、国と国が直接争う事はありません、変わりに戦争を請け負う企業と企業が争い人は戦争を、戦争の悲惨さを企業の提供するサービスとして体感します。

戦闘シーン2戦闘能力の高い子供は死んでもその能力とともに再生される

 戦争で戦うのはキルドレと呼ばれる外観16?17才で年をとらず戦死以外で死なない企業によって作られた人間の感情を持った子供たち・・そして彼らは死ぬとまた生まれ変わらされる、その性格を引き継いで。

戦闘シーン3絶対勝てない相手、ティチャー、それがルール

 なんだか、ややこしいお話でしょ? g-mon は、ヌクヌクと生活している現実にもこう言う世界ってある。今も戦争は起きているし悲惨なニュースを聞いて自国でなく良かったという安堵感がある。その国で戦っている青年(時に子供)は、なんで殺しあわなくてはいけないのかなどと考えはしないのかも知れない、などと思い悲しくなった。

歴史は繰り返される、でもその人の人生は1度キリだと私は思う

 映画の最後に小さな希望が見えました。それはとても弱々しいものですが何度も何度も繰り返される人の歴史の中にも僅かな希望が残されていて、それに恵まれている私達が気づき少しでも繋げて行きなさいと言う暗示かも知れません。
コメント

そんな設定だったんですね
闘うだけのために与えられた命
う~ん、冷静に考えると生き地獄のような世界じゃない?

きみゅさん ありがとう

>闘うだけのために与えられた命

 この映画ほど鮮明ではありませんが結局のところ私達の人生も戦うために与えられたような気がします。
 傷ついて落ち込んだり傷つけて勝ち誇ったり、直接的な命ではなく間接的な命のやり取りは、日常茶飯事?
 
 私は、思うんです。一日中ハスの上でボーッとしてるなら苦しい地獄の方がいいかなって、苦しみに耐えれる自分でなきゃって。

うあ~見たい~^^;

あ、g様、秘書がデートしましょって言ってますよ(爆

よういちさん趣味があえばお勧めです♪

 映画館ですと迫力が違うと思います、特にサウンド。座席がビリビリ来ました!!

 秘書様とデ、デート!!!(*~~*;)

 緊張で、何も言えなくなってしまうです、よういちさん一緒に行ってくれます?

ちょっと気になる映画でしたが、そんな内容だったのですね~

>闘うだけのために与えられた命
現実の世界でも同じ事が起こっていますね
内戦などがある国は子供の頃から戦闘練習しているテレビを見て、悲しくなりました(;_;)
平和な世界になって欲しい~~!

たった今、娘と一緒に見てきました。(^o^)丿
押井節炸裂の作品で、とても考えさせられますね~。
ららぽ横浜は歩いていけるのですが、一日一回しか上映していませんでした。

マリウスさん映画は重かったです

でも、見ても良いかなと思います
戦争は、無くならないですよね、不思議です
誰も好きではない筈なのに・・

でも大国の戦争は怒りに任せてではないですよね、自国の利益を考えて計画敵にですよね。
それって、凄く恐ろしいと思いません?計画的に子供も含めて殺してるんですから。

張果老さん娘さんと一緒で良かったですね♪

 アニメだから難しい事をサラッと表現できるんですよね、実写には出来ない事だと思います。作品って感じ。
 このてのは、一週間ぐらいしきゃやらないときもあるんですが少しは評判良いのか今週もまだ掛かってます♪
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する