FC2ブログ

ユックリ発進

 大阪から東京に遊びに来ていた「のぶさん」先日のポプリロードでは、初第二コースで楽々の53km/l超え、そして g-mon の通勤往路では、32km/l越えと流石の燃費。 30を超えるのに何年掛かったかと思うと初ロード、途中から雨、SOCタップリ残しこの記録、その実力に唖然です。

20080817通勤往路
 上はg-mon の記録です。GT-3で35ヤットですからPPで32は好記録(暖気済SOC52→49%外気温26℃)です。注目はエンジン比率、PPにしてから20%を超える事が多くなりました。

 同乗した訳では無いのでハッキリと走りの違いは分かりませんでしたが「のぶさん」曰く「最近は、Nレンジを多用している」との事、前後を走らせて貰って思ったのは、発進時の加速がユックリな事。

会社駐車場で、のぶさんとの2ショット

 この発進加速は、先日1給油で2605kmを走りきった「ぱ?るぷりさん」もかなりユックリ、聞くところによると「きみゅさん」もユックリとの事、g-mon も「PP(Pilot PRIMACY)」では、比較的ユックリ気味にしましたが急なアップダウンや信号の多い区間でのGT-3だと、かえって燃費が悪くなるように思います。「よういちさん」羽田コースでどうだったんだろう?

 さて真実はいかに?これだから色々な人と色々なロードを走るのは楽しいんです!皆さんに刺激され g-mon の燃費、まだまだ伸びそうです♪
コメント

ぱ~るさん達のゆっくり具合はちょっとヤバイっすw
やっぱりゆっくり発進はどうかな?って気がしますね~

関東北部勢を招待して神奈川でE-1やりますか?

過去の通勤燃費解析の結果、信号間が短いところでは、エンジン停止走行を伸ばせるパッと加速が良いというのが自分なりの結論でした。
ただ、それは信号が予測どおりの場合であって、ゆっくり発進の方が、不意の停止(信号や先行車の右左折など)の影響を受けにくいメリットがあるでしょうね。
パッと加速のときより、不意の停止時でも、速度を上げきっていない確率が高いですから。

東京神奈川の道路ではゆっくり加速はどうなんでしょう?
私も回転数を上げない様にゆっくり加速してみた事があったんだけど、バッテリーになる前に次の信号につかまった(爆
あと加速の仕方によっては、あまりゆっくりだと後ろの車に迷惑になるからそれも考えなきゃいけないし・・・どうなんだろう??私も一緒に試したいよ~ん♪

よういちさん ありがとう

 交通量がとても少ない平坦な道が日本には何箇所かあるようです。その場合、プリウスの特徴である充電した電気で走るを生かすために、どこで充電するかが問題になると思うんです。
 多分、発進、または走行しながらの充電となりますがそのような環境での発進で燃費だけを考えたら比較的ユックリ発進し充電量を確保する必要があるように思われます。

 エンジン比率で言ったら20%ぐらい?M-1踏み値で65?
 一緒に走っていないので分かりません、よういちさんのよういちさんロード発進充電はどんな感じでしたか?以外にユックリでは?

シルバニアンさん ありがとうございます

 信号区間の短い場合は、パッと加速、先読みが難しい場合には無理にでもモータートロトロ走行などなど走行方法は環境の数だけあるとお教え頂きました。
 環境に合わせ素早い判断での走行法チェンジ技は、おお師匠さまの右に出る人は居ないのではと思っています。

 私の通勤路、ユックリ加速で35の壁を破るのは難しそうですが、もう少し調べてみます。
 

マリウスさん ありがとう

 私のGT-3を履いた時の発進加速は、仲間内の中では早い方のようです。後ろを走られてどう思われました?
 先読みを度外視したユックリ発進は論外ですが、ある意味等速走法もユックリ充電の一つです。
 場所によっては私の発進加速も、もう少しユックリで良いのかも知れません、可能性はあります。

 一緒に楽しみましょ♪

気にならない程度の平地でしたら踏み値よりエンジン回転基準ですね~
仮にSOCが55ぐらいあってもゆっくり発進や、EVボタンの使用は避けています。回転数も下げたりしません。ためた分はしっかり使い切ればいいことですしね^^;
ただ、E-1のとき、先の信号や道路傾斜が先読みできれば別な場合もありますけど^^;
モーター走行時は踏み値より放電量基準。これはていお~から教わりました~

よういちさんありがとう

 回転数でしたら2程度だと思います。ただ、そう言う事ではなく私の場合エンジン比率が低い=発進加速が短い、なのだと思っています。
 で、どこまでも平地を考えた場合には、微妙な世界の話ではあるのですがもう少し充電を増やした方(ユックリ発進)が良いかな?と思ったわけです。

 よういちロードで言えば、スタートの65%を最初のダラダラで使うのではなくユックリ発進で温存しつつメインに出てから使うように心がけたらどうかなぁと思ってるわけです。
 試してみるしきゃ無いかな、また、勝手にお邪魔します。(笑

私のブログにずっと前に書いたことなんですが、
・信号間の短い場合や目標速度が低い場合はパッと加速
・エンジン走行距離が長く取れる場合や目標速度が高い場合は緩めの加速

ただ、登坂でのエンジン回転の検証では、低回転も中回転も燃費(バッテリ収支を差し引く)はあまり変わりませんでした。ということは、平地の場合でも、効率的にはどっちでもそんなに変わらないんじゃないかと考えるようになりました(実は今まで非公開)。
ただ、場面場面で、どっちのスタイルが自分に合っているかじゃないかで選べば良いのではないでしょうか。
よういちさんや私は遅いのが嫌いだからゆっくり加速は性に合わないですし(^^ゞ
基本的には燃費運転は遅い方が有利ですよね。

シルバニアンさん ありがとうございます

 上りではやはり充電とエンジン燃費を考えてしまいます。回転数と言うよりその坂に合ったスピードで良い燃費で尚且つタップリ充電出来る走り方、これはあると思うのですが如何でしょう?

 発進に限らず、おお師匠さま(シルバニアンさん)のお教えを守るのが正しいと、色々悪さをする都度思い知らされています。
 その教えの中では、遅ければ燃費が良いではなく適正な速度が燃費が良いだと思いましたから、ここで言う遅いは滑空引き伸ばしですね。

 神奈川近辺ほど、信号が多かったりアップダウンが多いと滑空引き伸ばしも、難しいのですが平坦な道で信号が少ない場合ですと周囲の車の迷惑を考えずノロノロ運転になる、それが燃費に良いのだ、と言われると確かに引いてしまいます。

 出来れば、シルバニアンさんのお考えをルールとして全国に広めたいとも思うのですが、なかなか難しいです。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する