FC2ブログ

果報者

 昔も今も仕事に就いてそれなりに頑張れるようになってからは、不思議と大変な事になる都度、こちらからお願いもしていないのに誰かしらが助けてくれます。それら多くの人の共通点は、私のことを変わり者だと面白がっている様に見える点です。

 昨日もそうで、私が三つの仕事が重なってアタフタしていると何時の間にか二つの仕事を二人の人がそこそこに仕上げてくれていました。もちろんお礼を言いましたが返事は「大丈夫よ、あんた忙しいことみんな知ってるんだから」だそうです。あらま。

 他所から見れば、忙しいのが可哀そうだから助けてやろうと思って頂け手を差し伸べてやろう、と同情されるのかも知れませんが何分私が好きでやっていることなので助けられてありがたくはあるのですがお返しできる物も無く申し訳なく思うのです。

 以前の仕事でもそうでした。随分と私の仕事を助けてくれた友人に何も返せずその場を離れてしまったのに久しぶりの再開時に彼は私を責めることがありませんでした。こちらは顔を合わせるまで随分と緊張したのに何故か、ありがたい人ばかり。
 
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する