FC2ブログ

実力差

 だいぶ慣れてきたと思っていた新しい仕事ですが急に休まれた方がおり先輩と入れ替わったところ私が”今日は大変だぞ”と思っていた量を楽々熟しこちらの仕事の心配までしてくれました。いったいどうなってるのよ?という感じで笑うしかないです。

 思い出せば得意分野の仕事では、後輩が手こずっていた仕事を休日チョコっと覗いて問題点を解消しヒントとなる資料まで1時間と使わず用意できていた私です。なぜ自分にそれが出来たと言えば長くやっていれば、そんなものだとしか言えません。

 そうではあるのですが出来ない者にとって出来る人は憧れ的存在と言うか近付きたい、いやいや乗り越えてみたい存在でもあるのです・・・。と思うのは私だけ?そんな気配を部下から感じたことがあったかな?有ったような無かったような、さてー笑。

 人は人、私自身にやりたいことがあって出来ていると言えるレベルに達していなければ出来るようにするだけです。その過程が何より楽しい事を知っているものだから大変が大変ではなく自分を鍛えてくれる何かに変わるのです。さて、何が違うんだ?
 
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する