FC2ブログ

生活設計

 今は違うのでしょうけれども、古い時代の日本教育は、考えることより覚えること中心の詰め込み教育だったと思います。沢山覚えられる人が成績優秀であって沢山考え覚えるが間に合わない人は、時に振るい落とされてしまいました。

 それでも会社には、戦後を生き抜いてきた開拓精神旺盛な先輩たちが居ましたから、その方達から鍛えられ覚えた知識を考えるに活かせる方達が新しい社会を作ってきたのだと思っています。知識と考える力と開拓精神が必要です。

 この考える力と開拓精神を養うためには、生活設計、とくに結婚してからの将来設計をすることが役立つと思うように成りました。好きな人が出来て一緒に暮らすには幾らかかるのか、子供が生まれて学校に行かせるには幾ら必要か。

 それを好きになった人と話し合い、その夢を実現するために自分の価値をどの様にして上げて行くのか、自分の価値を上げて行ったとして今いる会社はその価値を認めてくれるのか、認めてもらうには何が必要か、から始めるのです。
 
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する