FC2ブログ

在庫2

 車一台を作るに約3満点の部品が必要になります。日本の自動車メーカーは受注生産という形を取っていますがお客様が待って下さるのは良くて数か月、何を買うかを決めればその日にも欲しくなるのが人情だと思います。

 当然のごとく一つのラインで作られる車種は限定されていきますが皆さんも知っての通り車にはグレードがあり主要部品のエンジン性能や足回りの強度などが変わってきます。そしてそれらに付けられるオプションの数々。

 そう、絞られていると言えども使用するかもしれない部品が数千点増えることになり増えた部品それぞれに生産工程があります。結果、部品の在庫地点はカタログにある選択肢を中心に、どんどん広がり管理されています。

 この在庫管理の計算をコンピュータでするのがMRP(資材所要量計算)です。基本は昨日のブログと同じ、少々面倒なので機械に作るまたは買うの計算をさせるのですが出始めは月に一度の計算で良いと指導されていました。

 とんでもない!毎日計算は行います。そして一台生産毎の修正がされる工夫が必要になります。
 
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する