FC2ブログ

好きなこと

 センサー技術を考えてみると電磁波と力を何で受け止める(感知する)かが原点にある。電磁波は、光や赤外線、紫外線などで波と粒子の性質を併せ持ちこの電磁波の変化を読み取ることで物体の色や外形、内なる構造もある程度分かる。

 力は感知する物体の変形を読み取る。力は基準点に対しての変化だが温度、圧力、振動と様々な形態を取っている。それらに適した受け止める「物」を用意し電磁波ともども電気変化に変える必要がある。変化を何で受け止めどう変えるか。

 変化を電気変化に変えたらそれをどのように処理する側に伝達するかの技術が必要になってくる。電気を通すケーブルを使用するのか電磁波を利用するか程度しか思いつかないが何れにしても意味のある数値化と暗号化の技術が必要だ。

 伝達された情報は人が分かる形、その内容をどのように判断すべきかを判断できるレベルにするデーター化の技術が必要になってくる。昨今は似通ったデータを二次元的に寄せ集めたデーターを関連付け処理するAIが登場し勉強中である。
 
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する