FC2ブログ

最初の一歩

 この世に生まれ暫くは大人という先人達が後輩の道を指導してくれる、それが一般的です。少年から青年になり成人していく過程で自分で道を選び、時には新しい道を作ろうとします。新しい道を作るのには、当然苦労を伴いますが達成感を味わえます。

 新しい道を作るには、気付きが必要です。それは、日々の仕事の中に見つけたり突然閃いたりするものなのですが、何れにしても物事に真剣に取り組んだ時に気付きが生まれます。これは手間がかかるとか、もっと出来をよくしたいとか、の気付きです。

 自分の仕事に黙々と打ち込み目立たないけれども気付きの塊のような同僚が居ました。小さい事から積み上げて扱うデータの集約を何時でも提出することが出来ました。特筆すべきは、そのデータの正確性です。1つ1つのデータの精度を上げました。

 惜しいと思ったのは、そのデータを生かす使い方に気付く上司が居なかったことです。感と勢いだけで仕事ができる時期もありますがデータの裏付け無くして真の成果は測れません。ポジション毎の別の気付きが必要なのですが、気付きも才能ですから。
 
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する