FC2ブログ

優しさ

 優しいだけの優しさは、その人のためにならない。男脳の考え方という気がしているのですが男である私は、確かにそうだと思ってしまいます。一般に優しさだけの優しさは、その場限りであり将来においてのその人の為を考えていないと思うからです。

 将来においてのその人の為を考えるのは、大変な作業です。現状を知るだけでは足りなく、その方の人生や環境、経済に心身の状態など様々なことを知って初めてアドバイスができるのですが、それを行うには専門的知識が必要となってくるのです。

 誰でもできるというわけではないですし、一人でできることでも無いのです。優しさを提供できる学習と環境づくりには、随分と多くの時間と苦労が伴います。それを知った上で今掛けられる優しさに付いて考えます。嘘も真実も包んで寄り添えるかです。

 それは、女脳の考え方という気がしています。行動や考えを述べるのではなく、その方の思いをただ聞くだけ。聞いて共感し同じ気持ちになるだけ。それ以上のことは行いません。例えそれの繰り返しであったとしても、それも優しさなのだと思います。
 
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する