FC2ブログ

耐える

 実力とは恐ろしいもので、世のため人のためにあれもしたいこれもしたいと思っても自分に実力が付いていないのであれば叶う訳もなく悲しい思いをすることになります。それでも志があるのであれば耐えるしかありません。

 悲しい思いは心を弱くする場合もありますが志があれば悲しい思いが重なって将来の目標を形作ってくれることもあります。目標のイメージが付けば当面何を頑張ればいいかが見えてきます。見えたなら打ち込めばいい。

 結局のところ私の打開策というものは何時も力任せなのか、とため息は出るものの他に良い方法も思いつかない自分を呪いつつ、より大変な方にのめり込んで行く自分を眺める。そっちの生き方の方が好きなのだと思う。

 結果がどうあろうとも打ち込めば行動が自身の糧になり結果が付いてきてくれ例え夢破れようともそれなりの達成感と諦めの中にも真実を観れた満足感があったりします。そういう経験をしてきたことに今は感謝しています。
 
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する