FC2ブログ

理解する

 システム構築を教えたり調べながら自分で構築していくには、絶対にマニュアルが必要です。全体構成から概念のイメージを掴んだ上で個々のシステムを組み込んだり繋いだりしていく。その作業手順の1つが間違っただけでも動かないのがシステムなのです。

 システム構築に使うマニュアルは、一般的に分かりにくいものです。そのうえ正しいとは限りません、抜けもあったりします。各パーツとの相性にも影響されシステム屋を苦しめます。それだけに動いた時の感動は、大きいもので一人悦に入ったりしています。

 システムは、どんどん変化してしまうのですが学んだことは自分なりに整理しマニュアルを作成しておきます。修正などや後輩に引き継ぐためにです。毎日仕事に追われているのですが休日返上してでも記憶が新しい時に整理します。何度も懲りていますから。

 ただ、長く繰り返されてきた仕事の伝え方では、このやり方でなくてもいいようにも思います。やらせてみて、失敗させ、何が悪いのかを教える。教える側に取っては効率的で準備の手間もいりません。そう思うのですが、私なりにはまとめてみたいと思うのです。
 
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する