FC2ブログ

遊び心

 ジュニア(息子)は順調にスポーツ関係でビジネスを広げています。多くの課題を抱える現代社会において、それぞれの年齢や体力、目的に応じてスポーツに親しみ、生き生きとした生活をおくる手助けに、スポーツとICT(情報通信技術)を融合させることは自然な流れだと思います。

 ジュニアは、3歳から水泳を始め、選手コースで長らく活躍し、社会に出てからも趣味のチームを作り、仲間達と切磋琢磨し自己記録を更新し続けてきました。ですので、スポーツをビジネスに繋げるだけの基礎知識があるといってよいと思います。でも、福祉に付いての知識は薄い。

 人は老います。人それぞれですが、生き生きとスポーツができなくなる時が来ます。それでも生き生きとした生活を送りたいと思うのが普通です。現代社会において、生き生きとした老後を支えてくれるのは、家族というよりは福祉なのだと思います。思うのですが基礎知識がありません。

 福祉住宅コーディネーター、福祉用具専門相談員、介護福祉士、ケアマネージャー、認知症ケア専門士、社会福祉士、関連する資格や知識技能技術が沢山あります。ジュニアのビジネスに繋げたいと思うわけでも無いのですが私はこれを学んでみようと思います。学ぶことは、楽しい。
 
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する