FC2ブログ

100年持たない会社

 無能な上司ばかりだという話をよく聞きます。何をもって無能というのかを想像すると自分の能力を認めてくれない、とか自分の素材は良いのだから能力を伸ばせる環境を作ってくれない、といった理由なのかな?つまり無能な部下なのかな?と辛らつに思ったり。

 その仕事に付いたばかりの時には、先輩たちのことを無能な上司だとかは思わないハズ。何故ならばその時点では新しく付いた仕事に対して絶対の実力差があるはずだからです。右も左も分からない時点では教わるしかなく自分の実力などとは言ってられません。

 それが1年2年3年と勤めていると仕事にも慣れ毎日の同じ仕事に飽きてしまったり人によっては仕事が早くなり時間を持て余してしまったりします。もちろんそんなことは全然気にならない人もいますが多くの人は何かを求めます。それが仕事や環境だと不満になる。

 自分で仕事や環境を変えれる人は稀、多くの組織は変化を望みません。変化は未知の世界であり知らないこと危険な臭いがするからです。結局のところ先輩方は挑戦し成功した体験が少ないのです。変われない会社は?ジュニア(息子)は独立しましたが、さて。
 
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する