FC2ブログ

頑張って

 人にラベルを貼るのが好きな人を時々見かける。そういう方から貼られたラベルは、よほどのことが無ければ剥がせない。時には、近しい人が巻き込まれ、あたかも新しい派閥が生まれたような状態になる。そんな時、私達は嫌われる勇気を持たなくてはならない。

 結局のところラベルを貼るのが好きな人は、自身が気付いているかどうかにかかわらず自分の弱さを隠したいのです。私は正しい、だから相手が間違っている、私の正しいは熱心に私の話を聞いてくれる仲間達が証明してくれている。そんな幻を欲しがっています。

 悲しいかな、虐めも人の本質である以上、そういった状態を楽しむ集団は、無くなりません。また、今までラベルを貼られていた方が何かのチャンスで貼る方に回り、虐待を始めるのも時々見かけます。立場の逆転によって起こる強かった人の弱り方は、凄惨です。

 ただ、声こそ小さいですがそうでない人も沢山います。民主主義においては、少数意見になってしまうかも知れませんが、心ある人は、います。私の近しい人がラベルを貼られてしまいました。心折れるでしょうが気にしないことです。嫌われる勇気を持って欲しい。
 
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する