FC2ブログ

お節介の定義

 私が自律しているか?と問われれば、チト怪しい。まず、私なりにだったとしても自律の定義をハッキリさせる必要がある。ハッキリさせたとしても私の自律の定義は私だけのものであって、私以外の人には、例え似通った性質の人がいたとしてもシックリとは来ないハズ。

 それなのに私は、他人の自律を手伝いたがっている。過去の事実と他人は変えられないと知っていながら自律を手伝いたがっている。自律している人は幸せだとただただ信じて、誰もが幸せになるべきだとただただ信じて、自律へのお節介をするチャンスを伺っている。

 私にとっての自律とは、私にとっての志があり、志に沿った目標が見えていて、目標に向かって歩くことが生活の糧になっていて、近しい周囲もその行動に対し理解を示していて、意見を交わし気持ちを伝えることで次の一歩を踏み出せている状態、といった定義である。

 志を持っている人は少ない。そもそも志を持つことが幸せ、大安心に繋がると理解している人も少ない。人は一人では生きられないのだから、自立に人の手を借りることは、問題ないというか程度の差こそあるものの普通のこと。そのうえで、どうありたいか考えて欲しい。
 
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する