FC2ブログ

社会の見方

 ボランティア活動は「困っている人のために無償で何かをしてあげること」ではなく、より良い地域社会を築くために社会の一員として自由意思に基づいた主体的な取り組みがボランティア活動の根本です。と教えて頂きました。

 地域社会は、ある範囲を示しますが、それは範囲ごとに環境が違い自ずと生活が違うことが前提となります。社会の範囲も同じように、住む地域を中心に県や国、世界と社会の範囲を広げて考えることで自由な主体性が育ちます。

 ミクロの地域、マクロの社会という違った世界観の中で自由に自分の意志を移動させ、それぞれ違った視点で考えてみる。会社という社会だって同じですね。自分という殻の中で会社を見るか組織や立場を超えて見てみるか。

 社会の一員として自由意思に基づいた主体的な取り組みが出来ている社会人、意外に少ないような気がします。ボランティアに参加して自分の知らない世界を覗き見ることが出来ました。後一日、この経験は私の糧になるでしょう。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する