FC2ブログ

受容

 過去において何故この人はいつも逃げてしまうのだろうとイラついてしまい声を荒げたことがあります。翌日あやまりに行きましたが関係を修復するのには暫くかかりました。心無い言葉で相手を傷付つけてしまったのです。

 どんなに私が良かれと思っても相手のためになると思っていても決めるのは相手です。何故ならその人の人生はその人のものだからです。もし私が自殺の場面に出くわしたら必死に止めるでしょう。でも別の日に死ぬかも。

 私は我儘、自我が強い人間です。自分のことが良く分からないのですが相手の事はなおさら分かりません。素直に話を聞き行動を観察しありのままを素直に受け入れることがなかなかできません。経験が足らないのです。

 ただ私の自我を少し横に置いておいて私以外の感覚を持つ相手の気持ちが少し分かり共感できた時にはとても嬉しくなります。一緒に小さな何かを始められるような気になります。心無い言葉で相手を傷付つけるのは懲り懲りです。
 
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する