FC2ブログ

CMです。^^

 私が住む宇宙の誕生間もないころ。そう今から大体150億年前ぐらいの星にある元素は、水素とヘリウムがほとんどだったそうです。約45億年前、それ以前の星の成長と消滅で鉄などの重い元素ができ、更に重い星どうしの衝突で金が出来、地球の誕生に繋がったのでは、と言われています。

 それから随分といろいろあってアミノ酸,核酸塩基,糖などの有機物から植物に繋がり、私達人類500万年の歴史は、その植物たちの伐採や化石燃料を利用することで成り立っています。でも、ご存知のように植物の採取により砂漠地帯は増え燃料消費により二酸化炭素の放出,増加が止まりません。

 それはここ数百年の歴史で起こり例えばアメリカ内陸部の農業を支えているのは化学肥料と長さ700mの移動式散水機でありその燃料は石油です。ですから長い目で見ればエネルギーの変更が必要であり、その選択肢の一つが水素と自然(太陽光と風や波と雨)なのだろうとは誰もが気付きます。

 電気を溜める燃料電池や水素の生産方法には、まだまだ工夫が必要です。目先の利益には合わないのですが競争の理論から言えば先に開発に成功したものが生き残ります。先日急な雨で車のワイパーを使たのですが音が静かです。高速の風切り音も気になりません。私の車は「TOYOTA MIRAI」です。^^
 
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する