FC2ブログ

悩み多き人

 縁あって中核人材確保支援センターへの登録を薦められました。でも、あのピリピリした生活は仲間あってのもの他のところで実践する気力がありません。それにいい歳です。多くのことは後輩に譲りましょう。

 そう、仲間と言うのは実にありがたいものでプリウスの仲間たちと遊んでいた時もそう、自分が思いもよらないことが仲間たちとなら出来たりして兎に角楽しかった。困ったことに楽しくなくては頑張れないのです。

 自分の性分に嘘は付けません。私にとっての楽しいは窮屈と言うか大変というか辛いとか認められないとかがあって多少頑張れ周囲はともかく私自身が私を認められる状態でないとダメなようです。

 だから後輩に「カツカツに見える」などと言われてしまうんでしょうね。今後それは避けたい。今を頑張るのか頑張らんないのか、まったくもって幾つになったらこんなことを悩まないで済むんでしょう?
 
 
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する