FC2ブログ

信頼する人へ

 思い起こしてみると今の会社に来て色々なことを成し遂げました、けれども一人で出来たことは何一つ無かったようです。徹夜で頑張った時も新しい企画を発表し世に出した時も何時も誰かが一緒にまたは陰から支えてくれていました。

 思うに自分一人で出来ることはとても少なく何時も誰かの支えが合って何とかなっているのだけれども子供が一人で大人になった気でいるように人はそのことになかなか気付けないようです。私もなかなか気付くことが出来ませんでした。

 便利がどんどん進みサービスが安価だけれども一定の枠組み内でしか受けられないような、これからの世の中では今まで以上に人への理解が重要に成っていきます。それは相手の気持ちを知ることによって自分を理解する生き方です。

 私の周りには、何時も仲間達がいた。仲間達は私に意見を言ってくれた。一緒に努力し幾つかの成果を共に喜び合った。振り返り、仲間達と成し遂げたものの大きさが嬉しかったりします。そしてそれは自分中心に誰かを利用しなかったから出来たのだと思います。
 
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する