FC2ブログ

演じてみる

 武士道・騎士道(アニメの主人公?)など人は無意識の内にもカッコいい生き方をしようとしているのではないかなって思うんです。もちろん、それどころでは無い!と言う人も大勢いるとも思う。でも、どうせならカッコいい方が良い!

 このカッコいいをまとめて表した例が武士道・騎士道なのだと思っています。そこには裕福だから出来るカッコよさだけではなく苦しい時のカッコよさも表されています。苦しいときのカッコ付は辛いかも知れないけれども心の拠り所に成るのだと思います。

 随分前に午後の私を見て「怖い」と言っている人がいる、一人ならいいけどそれが少しばかし広がって私の耳にも届きました。それから私は笑顔を絶やさないようにしています。最近は「何時も笑顔で楽しそうですね」と言って貰えるようになりました。

 でも私の価値観が変わったわけではありません「どうせなら楽しい方がいい」と思っただけです。その方がカッコいいとも思いました。カッコいいを演じてみて大変だけど、こっちの方が気持ちがいいとも思えました。
 
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する