FC2ブログ

教え方の基本

 物事には教えるタイミングがありますが最初の教え方は「やってみせて、やらせてみて、褒める、その間ずっと継続的な支援を行う。」しか無いと思っています。もちろん個性は人それぞれですから何を教えるのかと、どうやってやらせて褒めるのかも一人づつ違ってはきます。でも、最初の基本の考え方は同じだと思っています。

 私は部下に恵まれたし私自身も失敗を繰り返した後だったので比較的上手く教えられていると思います。もちろんその判断基準は”実行し成果が出ているか”になります。そして何が出来ているかの目標設定が私と部下の双方に出来ていると思います。もちろんそれは現時点に置いてです。

 これから先、部下は経験する新たな課題の対処方法に付いてはおぼろげながらにも理解できていないかも知れません。漠然と課題が見えている程度でしょう。ただ、今までそれらに付いても目の前で私は対処してきています。ですので、やってみせているのですが一定のレベルに成らないとそれさえも気付けないのです。

 それでいいのです。もっと先に行けば私の経験していないことに部下達は遭遇します。その時までには私から教わらなくとも自分で調べ自分で乗り越えて行く実力を付けなくてはなりません。その小さな経験は幾度となくさせてきたつもりです。教え方は部下の個性と将来を考え「やってみせ、やらせてみて、時に試し、自律させる。」が次の基本だと思っています。
  
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する