FC2ブログ

本から学ぶ

 清水勝彦さんの著書「戦略と実行」にこんな計算式が記されています。
「 業績 = 戦略 × 実行 = 分析、ロジック × 組織における人間の気持ち(例、やる気) 」
 大変気に入って実勢してきました。

 この計算式を使ってみて教える中で意外だったのは”分析”を出来ない人が多いと言う事でした。と言うより分析をしようともしないのです。

 私の会社の場合、業績は悪くはありません。戦略らしきものはあります。実行もします。でも、高度成長期の様に右肩上がりなため失敗しても売り上げの陰に隠れ分析しません。もちろん成功の分析もしません。

 ここで確認してみましょう。「分析とは、物事をいくつかの要素に分け、その要素・成分・構成などを細かい点まではっきりさせること。」とあります。不思議です。細かいことまでハッキリしないと次の戦略は立てられないのです。ならば何を持って実行しているのでしょう?

 分析をしようと試みる人も若干います。でも、学ぶを知らないため早々に挫折します。残念です。この本を読めば少しは分かるんじゃないかなー、とは思います。
 
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する