FC2ブログ

ビジネスモデル

 何度めになるか新しい商品市場を開拓する手順をまとめ直しています。ただ今までと違うのは担当する営業員が既に多くの修羅場をくぐり抜け一端の力量がある者が担当する。そこが違います。

 工程は基本3つ、その3つがまたそれぞれ3つ、さらに3つ。今日は概要と最初のテーマ「商品価値の発見」について書けるところまで。

 基本の工程は、
1、商品価値の発見_商品価値を認めビジネスモデル作成する
2、顧客価値の構成_顧客カテゴリ別にブランドを構築する
3、市場の形成_販売量確保のためにビジネスモデルを強化する
となります。

 基本の工程もこの先の工程も必ず1,2,3と進むわけでは無く時に入り乱れもしますので説明できる範囲確認したいと思います。今日は、1をザックリ書いておきます。

1、商品価値の発見
①テーマ(商品)を形作る
 売るべきもの(商品)を決める_ある商品に強い興味を持つ能力が必要です
 顧客へのアクションスタイルを決める_販売戦略・戦術です。自社の強み他社から借りれる強みを検討ます。
 売るべき商品の価値(差別化)を決める_他との違いを明確にします。ブランドの基礎となります。
②規模(収益性)・将来性を見極める
 市場の整理をする(カテゴリ分け)_顧客カテゴリによって売り方が違うので整理しておきます。
 商品の収益性(規模・将来性)の裏を取る_会社を巻き込み組織的に情報を収集・整理します。
 十分な利益を得れる市場を構築する(売値と原価を決める)_最初の顧客、会社への売り込みを成功させます。
③熟成度判断基準の作成
 1社または2社で商品を理解するファンが出来た_選んだ顧客に対し営業をし価値を確かめます。
 1社または2社で認められ社内プレゼンが行われた_選んだ顧客の社員にこちらの営業マンに成って貰いましょう。
 1社または2社で認められた価値を他の数社で確認する_同じカテゴリ内なら同じ販売方法が使えることを確認します。

 ①のテーマ(商品)を形作る段階でも③の熟成度判断基準の作成で言う価値の確認作業は必要です。また、②の十分な利益を得れる市場を構築する(売値と原価を決める)の資料は、更に磨き上げ展開する営業員への販売資料となります。

 このように、商品を発見し価値を認めビジネスモデルを作るのが最初の工程「1、商品価値の発見」の役割です。

今日はここまで。
 
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する