FC2ブログ

成功に付いて

 会社の資料を作る過程で”成功する方法”についてまとめる必要がありました。私自身は成功しているのだろうか?と言う問いに対し以前の総務部長が「あなたは成功者だ」と言っていたのを思い出しました。その時の私の返事は「情報技術が重要です。」と言ったものだったのですがその後の会話が続かなかったので”私の思いは上手くは伝わらなかったのだろう”と思っています。

 成功の第一段階に必要なのは、間違いなく”自主性”です。これが無ければスタート地点にすら立てません。自主性があると言うことば”何のために働くのか”を理解していることに成ります。その上で”どのように働くのか”を自主的に考えることが出来ている状態です。ただ、この第一段階に到達できない人も居ます。性格もあるでしょう、運もあるでしょう、でも難しいことではありません。

 多分、何か良くない事が起こった時に人のせいにする人はダメでしょう。自分の役割を自覚できずに良い仕事をしようと思えない人も無理でしょう。大切なことを(例えば朝の挨拶など)頭では無く体に覚え込ませられない人も厳しいかも知れません。もちろん個性がありますから、とても声が大きい、人の気持ちが気にならない、やりたいことをやる、人は成功するかもしれません。

 成功にも段階があります。先の文書の後者の方は、企業の成長がまだ未熟な段階では強いリーダーシップを見せられるかも知れません。しかし企業の成功が一定のレベルになった段階でも同じ行動を取っていたとすれば組織から弾き出されるのが一般的です。つまり成功を続けたいのであれば成功の第二段階に進む必要があるのです。それは”褒めること”だったりします。
 
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する