FC2ブログ

多分それが正しい

 何度かのやり取りがありトレンドマイクロさんより、提出したウイルスに対応したウイルスパターンファイルをリリースして頂けました。ありがたいことです。

 今回の事の発端は、フリーソフトの社内持ち込みでした。こう言った事ある毎にルールを厳しくしていくことに成ります。そして作ったルールは見える化し教えます。教えればいいのですが合わせて見えない人の気持ち、こちらは厳しくと言うより支えるような気持ちで接するべきでしょう。

 後輩達に「管理とは、よい状態であるように気を配り、必要な手段を(組織的に)使ってとりさばくこと。」なので「監視、悪いことが起こらないように)番をして見張ること。」とは違うんだよ。と教えます。でも、悪いことは起こります。見えない所の違反を見える化する。工夫をして監視してあげるのも管理の一部かも、と思うように成りました。

 ある程度の訓練を積まなければ人は易きに流れます。好ましい、または好ましくない未来を想像する力が弱いのだと思います。それに、人には揺らぎがあります。一度決めたことでも環境や体調で破ってしまうことがあります。ですから、その結果(未来の想像)を教える環境と揺らぎを注意してあげられる環境を整える。それも必要なのでしょう。

 最初に作るルールを実施するには多くの人手が掛かります。でも、工夫は出来ます。自動化も出来るでしょう。注意すべきは実施後の分析です。違反の陰には「仕事が面白くない」などと言う理由もあります。それは違った問題ですが会社にとっては同じ問題でもあります。

 まずルールを作り、実施し分析し効果が上がったら継続し測定し隠れた問題を検討し取り除き、何時か作ったルールを無くせるよう考える。どんな事でも真摯に取り組めばそう言うことになるような気がしています。
 
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する