FC2ブログ

人は変わる

 昨日の続きっぽいんですけど、若い人の吸収力には驚かされます。若すぎるかも知れませんが1歳児2歳児などは驚異的、自分では食事もまともに取れなかった子が歩いて喋って訊ねて笑う、何でもかんでもどんどん出来るようになってどんどん考えます。

 これが10代20代になると少し様子が違ってきます。殻にこもったり少し斜めに見たり、自我と言うものでしょうか?学びだせば楽しいハズの学習も身に付く人と離れる人に分かれて行きます。私もそう、良い先生に巡り合った科目だけは何とか他は全滅でした。

 何かに取り組もうと言う気持ちはどこから生まれてくるのでしょう?面白そうと思って少し手を付け続かず諦めふてくされる、などと言う姿を幾つか見てきました。逆に言葉数は少なくも受け止め自分のペースで前に進もうとする姿も見てきました。違いはなに?

 歳を取るにつれ自分の視野を狭めてしまうのでしょうか?未来や希望、新しいことの発見、自分を見つめ直し人としての自分を知る面白さ。それら心地よい環境は、良い先生に巡り合わなくては無理なのか?良い先生には成れないからせめて環境かなあ。
 
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する