FC2ブログ

利益の出し方

 価値(利益)を増やすには2つの方法があります。「売り上げを増やす、費用を減らす」です。これが私には「もっと働け、リストラをしろ」と聞こえてしまう。そのやり方では誰も幸せに成れないと思うのです。思いますからイノベーションを考えます。

 ただイノベーションを考えるより「もっと働け」と言う方が簡単です。「生産性を上げろ、顧客満足度を上げろ、効率よく働け、競合より良いサービスをしろ」などは何の考えも無い悪い例です。つまりイノベーションを行うには具体性が必要だと言うことです。

 イノベーションとは「売り方を変える、売るものを変える」「作り方を変える、作る材料を変える」です。論理的考えと科学的判断が必要です。科学的判断をするにはデータが必要です。データは情報です。イノベーションを行うには情報が必要なのです。

 情報は日々の活動の中で生まれます。その情報を2つの視点で整理し届けます。1つは幾つもの情報を束ね研ぎ澄まし変化が見える情報にし、マネージメントの知識がある人に届けます。もう一つは、研究開発や企画のように変化を読み解く人に届けます。

 やっとシステム屋の出番です。多くのシステム屋は情報がどこにあるか精度がどのくらいなのかを知っています。ですからシステム屋こそがイノベーションを理解していなくてはなりません。でも、システム屋を活用している会社って少ないんですよね。
 
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する