FC2ブログ

働き方改革

 昨日、超優秀な技術者と話をしていて「それなりの成果を出すには、それなり以上の無理が必要だった。」との意見で一致しました。また「新しいこと未知なことにチャレンジするのは、それなりに楽しく、大変ではあるが辛いことではない。」と言う考えにも共感を覚えました。

 最近働き方改革と言う言葉を聞きます。長時間労働の解消や同一の仕事での同一賃金などが謳い文句です。私自身は労災が降りる程度の働き方を長らく続けてきたので今更働き方を変えられないのですが、次の世代や部下達には、良い働き方を伝えたいと思います。

 私の考える良い働き方とは、有給休暇を使用した上で8時間労働の内訳を「学習・生産・教える」の3つに分け働くと言うものです。製造・営業・技術どの仕事も少しの工夫で3倍ぐらいには生産性を上げることが出来ます。どちらかと言うと空いた時間の使い方が難しい。

 そこで各自の目標設定を会社全体としての「学習・生産・教える」から展開し各個性に合った目標値に変更した後に任せ継続的に支援する。皆には、そんな環境を提供したい。でも、私には無駄。新しいことを自分で見つけてしまうし見つければ夢中になってしまうから。
 
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する