FC2ブログ

何とかしてる訳

 久しぶりに同僚と昔話をしました。「あの頃はパワハラなんてなかったねー」とか「教えてもらう、なってことも無かったなー」とか今では考えられないような時代は、ほんのチョットだけ前、私にとっては昨日のことなのです。

 「良い時代になったなー」と思うのですが「悪くなったなー」と思うこともあります。それは、仕事上のトラブルが増えたことです。私が作っていたころは、次工程から不良品が戻ってくるのは年に数件、もちろん分析し対策を標準化したり設計を見直したりしていました。ところが今は、各工程で前工程から不具合が来ない日がありません。

 不具合が発生すれば、上司同僚では無く直接前工程、時には生産管理や技術に直接交渉。それに対し交渉先の皆さんも対応するから偉い!と言うか更に話が可笑しくなり闇の中での対応ですから再発なんてあたりまえ。パワハラや煩い上司が必要だなんて事は言いません。でもね、何とかしなくちゃ。

 「チャンとやれ!」なんて言ってもやるわけない。いや違う「出来ない」が正しい。「何が正しいか、どうすれば良いのか教わっていない」し何時の間にか上司のやる気も失せかけている。いやいや上司も前はやる気があった。今ならまだ間に合う。何時かは後輩たちに「この会社に入社して良かった」「この会社で学んだ」と思ってほしいから、何とかしなくちゃ。
  
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する