FC2ブログ

成長へのプロセス

 「皆、困っているのに気付かない」と言う方がおります。基準はともかく確かに「ムリ・ムラ・ムダ」な仕事をしている方はいます。初めて、その仕事に付いた時「そのように教わった」り、上手くいかない時に「こうしておけばいいよ」と指示されその日から真面目にコツコツと仕事をしています。それを「気付かない」とは、私は言いにくい。

 考えてみれば生を受けてから人間は「気付き」の連続の中で生きています。最初はキット全てのことが気になったと思います。しかしやがて「気にしない」でも良い事柄があることに「気付き」ます。それは、身の安全に大きく関わらず無視することで余計なストレスから解放される内容が多いでしょう。大人になっても全てを気にしている人はいません。

 では、何に「気付いて欲しい」と思われて「皆気付かない」と言われているのでしょうか?多くはご本人が「たまたま気付いた」内容に対し「気付き」を要求しているように感じられます。であるのであれば「何故気づかない?」と言う行動に移る前に気付いたこと全体の工程や環境、歴史を確認することをお勧めします。もう一段深い「気付き」に出会えます。

 私自身、これを怠ったために何度失態を犯したことか。今も恥ずかしいと思う経験を何度もしてしまいました。であるのであればせめて「気付き」を大切だと思う人には、その後のプロセスを伝えたい。物事の見方・考え方はとてもシンプルです。ただそれが連続した多重構造になると複雑に映る時があります。でも、「気付き」から「成長」へのプロセスは、とてもシンプルなのです。
 
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する