FC2ブログ

数十年前の資料

 この会社に長く務めさせていただき歳とともに新しい仲間達と時代に合わせ仕事の手順を幾つも変えてきました。ただ手順は、変わるのですが変わらない基本ルールが幾つかあります。逆にルールが無くなってしまったために混乱が発生しているのも知っています。
 
 ルール・手順を変える時、過去のルール・手順が進化の上での制約事項(固定観念から深く物事を洞察できなくなり変化に対応できなくなる)になってはいけないと思います。ですが、変える前に何故そのルール・手順が作成されたのかのカルチャーを知ることは、もっと重要です。
 
 基本ルールは、例えば「棚位置の表し方」など単純なものが多いです。会社が大きくなり棚が増え組織変更などが繰り返されると棚位置を管理しようとする意見が無視され各担当都合のルール・手順が作成され結果、ムリムダムラが発生するのを多く見てきました。
 
 こうして見ていると新しくルールを考えるのは、誰にでも出来ることでは無いようです。また、ルールが出来たとしても手順と訓練を通して組織的に正しさを検証するのは、更に難しいようです。手元に数十年前に作ったルールブックがあります。そのままでは使えませんが、これを次の世代に渡す時が来たようです。
  
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する