FC2ブログ

情報の信頼性

 同僚から「彼は現在の仕組みに問題を感じているので注意して欲しい。」とのアドバイスを貰った上で同僚の部下と仕組みの打ち合わせをしました。彼は、最近機械装置のチームを任され3Dキャド(立体的な図面を作成する道具)の運用も任されています。そして私が現在の仕組みに新しく組み込みたいのが3Dキャドで作成される製品設計情報です。

 よくWinWin(双方に利益のある)関係などと言いますが新しい仕組みが機械装置チームに取ってメリットが無くては、協力は得られません。機械装置チームから見て”協力への負荷は少なく第一段階で生産性の改善が得られ第二第三段階では更なる生産性改善と今後機械装置チームを導くのに必要な情報提供(生産性・利益率など)が得られる。”ことを説明しました。

 頭のよい方なので、その日の内に最初に必要な情報を提供してくれました。これで、前もって依頼しておいた3Dキャドメーカーとの情報提供交渉に入れます。交渉が上手く行けば(自信はあります、後は私がやるかやらないかだけです。)”3年もあれば彼の理想に近づけ詰めた打ち合わせが出来、2年で一応の満足を提供出来、そして年内に最初の約束(手配や見積など仕事の面倒が大きく低減される)を達成する。”計画を作成できるでしょう。

 私の担当する部署の仕事は情報を整理し別の情報と繋ぐことです。情報を発信するのは人で価値を生み出すのも人です。生み出された価値を評価し購入するのも人です。現在出来ているとはとても言い難いのですが正しい情報をストレス無く必要な場所にわかりやすい形で届けるためにパソコンの運用からWebのセキュリティ監視まで何でもやります。周囲には理解されづらい仕事のようですが見えない場所で必死に信頼を得れるよう頑張っている。それが私の担当する部署、システム屋の仕事です。
 
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する