仲間達のためのシステム

 「今まで生きてきて一番失敗してしまったと思うことを上げろ」と聞かれたら” g-mon の仕事は誰にでも引き継げる”と思っていた事と答えます。そう思っていたため5年以上もの歳月を”代わりの人を探す”作業にあて結局探し当てることが出来ませんでした。

  g-mon のおごりでした。今、改めて振り返って精査してみて分かりました。システム達が叶えてくれる変化は会社に必要であり残すべきと、この仕事は g-mon がいなくては成り立たないと共に仲間たちに支えられ何とかなっている、と言うことが分かりました。

 g-mon が作ってきたシステム達は道具です。道具ですから作り方と使い方を経験のある方に伝えればよいと考えたのです。確かにシステムの部分部分は単純ですが関わる人達が最高のパフォーマンスを出したときに輝くシステムを作ってしまったようです。

 そして g-mon 一人で作ってきたと思っていたシステム達は実は仲間達と頭をぶつけあい悩み楽しみながら作り上げたシステム達であり、これからも仲間達の夢や希望に支えられ一緒に多くの頭をぶつけあい悩み楽しみながら作り上げて行くシステムでした。

 システムを開発する技術・技能を使って、人と人の関係や生きざまを知識と経験として伝えていくためのシステムを大きなフレームワークとして構築する技は、過程を”やってみせ、やらせ、消化する”を経ないと引き継げないのです。随分と遠回りをしてしまいました。
 
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する