話し合いで気を付けること

 ”要望を叶える”をテーマに同僚とディスカッション。要望が何かを決める前に要望を叶える仕組みを考えるのは無理だろうと言う話になりました。そこで要望を辞書で引くと”その実現を求め、期待すること。これこれの事をしてほしいと望むこと。”とありました。それではと借りの期待することを決めて仕組みを作ってみることにしました。

 PDCAのサイクルは「目的を決める・方法を決める・計測方法を決める・評価方法を決める」これを2度まわします。1度目は、確かめる作業で2度目は少し大きく実行するサイクル、犯人探しと犯人を捕まえるに似ています。最初の目的は、思いつき(発見)でいいのです。「気付き・認識し・確認し・形にする」ができれば目的が見つかります。

 ここで行動に移るのが今までの常識でした。でも、それでは上手く行かないので、しっかりと、具体的な方法や数値化する手順と評価方法を決めてから事に臨みます。それが企画ですから企て計画が必要なのです。これを仕事を進めるうえでのテーマの絞り込み方法と実行への展開方法の常識にできればと思っています。

 別な同僚とのディスカッションでは、3つのテーマが1つとして話されていたので、これを分解してディスカッションしようとお願いしました。受け入れて貰えたので気持ちよくディスカッションが進と思います。振り返って、g-mon もキット、絞り込まず分解せず色々な事を仲間達と話し合いをしているのだろうと反省しました。気を付けねば。
 
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する