集中できるわけ

 AをやりながらBの仕事を組み立ててCの仕事を気にかけDの仕事を合い間に熟す。この辺までが g-mon の限界です。お蔭様で大きな障害の1つは、合い間での対応で逃げ切れ、予定していた、ぶっつけ本番の集合学習も無事、目標点までは行けたと思います。

 何故それなりに仕事が進かと言うと、それぞれの仕事に対し先に仮説(輝かしいゴールに到達できるシナルオ)を立てその仮説に沿って事を進めているからだと思います。もちろんアクシデントは付き物ですが何度も仮説を立てていますから想定内で済んでます。

 思うに g-mon この仮説を立てるスピードが速いのだと思います。その理由は、普段からよく考えることはモチロン、本を読んで引出の数を増やしたり折に触れ担当者の意見を聞き相手の立場の理解に努めたり同僚に援助を求めたりが功を奏していると思います。

 前にも書きましたがジェットコースターに乗ってる気分になる時があります。幾つかの仕事を並行して進めているからなのですが時間の密度が濃く進みがものすごく速く感じられます。疲れますが良い点もあります。それは余計な事を考えず事に集中できるです。
 
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する