愚痴について考える

 ありがたいことに珍しくコメントを頂きました。愚痴と仰られていましたが”頑張ってるんだな”と感じました。

 愚痴は、ついつい出てしまいます。同僚たちも言い訳みたいな愚痴をポツポツと言いますし g-mon も何かのついでにポロッと出てしまいます。それが普通ですし悪いことだとも思いません。ただ、口を出てしまった後に”しまった”と思ってしまいます。何故なんでしょう?

 愚痴とは、「言ってもしかたがない事を、言っては嘆くこと。」だそうです。言ってもしかたがないことを言うのは勝手ですが聞く方は、かなわないと言うことでしょうか?そうなのかもしれませんが、やっぱり、どこかで出しておかないと溜まってしまって溢れてしまいます。

 少し問題かな?と思うのは愚痴が悪口に聞こえる時があることです。人は自分の正当性を証明するために時に人を貶める時があります。でも「過去と他人は変えられない、変えられるのは今の自分だけ」と言うのがあります。ですから愚痴だけで止めれば良いのです。

 今の自分を楽にするために、どこかで愚痴を言う。愚痴を聞いてくれる相手がいれば”幸せだな”と思います。
 
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する