上司は演出家です。

 驚いたことに同僚たちは改善活動に対し何時までにを伝えなかったり管理しなかったりが普通のようです。もちろん普段の仕事は指示書(システム)で何をどのくらい何時までにが明確になっていますし熟練していますから意識する必要もないのですが少しでもキャパをオーバーすると大騒ぎをします。

 改善活動にもストーリーがあります。全体の終わりは今期末までなどと決めているようですが、今期末までになどと言ったら次の改善計画を何時立てるのでしょうか?改善は年内に仕上げて年が変わったところで来期の改善計画検討し根回ししスムーズに4月からまた開始できるようにするべきです。

 当然各場面(ステップ)を何時までに終わらすベキなのかも決まってきます。それなのに期首(g-monのところは3月決算)から既に4か月が終わろうとしているのにスタートに立ったばかりの計画がゴロゴロ。改善が進まないのは上司の責任です。終わらない改善ほど達成感をくじくものはありません。

 各場面の何時までにを設定すれば、おのずと達成できる量が限られてきます。演じる内容も凝縮されたものになるでしょう。そこに工夫も生まれます。”のんべんだらりと指示だけ出してどうあるべきかを考えないとしたら恥ずかしい”に気付いて貰う良い機会だと思います。頑張って考えてもらわなきゃ。
 
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する