助長について考える

 次期リーダー育成のためテーマを設定し経験を支援しているのですが、答えをどこまで教えて良いのかで苦慮しています。あまり教え過ぎては、こちらに頼るが当たり前になってしまいます。さりとて担当に話を聞くと指示があいまいだと会合時間の殆どを指示の理解に費やし会合が進まないとのこと。

 g-mon のところの新人くんも今は指示に対しては教わるのが基本だと思っているようです。自分で調べるとか予習と言う考えは無いように思われます。新人くんの関わる仕事が初めての経験であるように今次期リーダ育成会合が扱っているテーマも彼らにとっては、初めての経験です。

 もっと言ってしまえば、課長会で扱っているテーマも初めての経験に近いものだとは知っています。全てに置いて仮説と言う答えは用意してありますので次のポイントは”考える部分をどの程度残して置くのが個々の段階において必要な能力を一番助長するか”の見極めだと思っています。

 怖いのは教え過ぎですが、全体のバランスが崩れる問題の方がより企業にとってはダメージが大きいとも感じています。上手に仮説を伝えらたとすれば、より強固な答えを導き出してくれるのでは?と言う期待もありますが時が有限である以上、伝えられる期間も有限。悩ましいところです。
 
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する