行動を言葉にする

 あなたは考えて行動する方ですか? g-mon は、基本直感的に行動しますが、それで何度痛い目を見てきたことか。

 同僚との会合で縦の役割の違いと各役割での行動の違いを明確に分けて考える重要性は伝わりましたが、実際に各役割の目的と目標、そして行動を言葉にして頂く段にて詰まりました。難しいようで、サラサラとは出てきませんでしたが練習を積めば幾人かは言葉にできるようになりそうです。

 何かを伝えるときに、行動で示すは重要ですが行動に言葉を添えられれば相手の理解はより深まります。また、相手の行動を見ることによって伝わったのか確認することができます。色々な方法で伝えることは重要ですが伝わっているのかを相手の行動で確認することは更に重要です。

 そのために様々な工夫をし見える化を行います。ただ、折角見える化をしても活用しない(見ることの重要性に気付かない)人が大勢います。確かに現場レベルでは見に行かなくても見える工夫が大切ですが数段上の立場の方がある程度の努力(見に行けば見える環境)を惜しむのは理解できません。

 そういう方は結局自身の役割が見えていないために役割を達成するための行動がとれません。印を一つ押すとき、何かの指示を出すとき、1度は必ず上位の目的と目標と照らし合わせ何のためにを考えてみる。その方が失敗は少ないようです。
 
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する