伝わらない仕事

 悲しいことに、ある書式を変更したいとの要望があったので、最初に作成・修正依頼された時の状況を説明し管理職レベルでのルール確認を依頼したところ、どう伝わったのか現場レベルの”書式変更を決定した”との報告を受けました。

 ため息です。管理職レベルのルール設定とは、その書式の目的と目標を明らかにし部下に示すことです。それが管理職の仕事です。それを受け部下は、目的と目標を達成できる書式を考える。部下の仕事です。同じ仕事をしてどうする。

 窓口になってくれた担当者に再度説明したのですが、分かっていただけなかったようです。新入社員の方は、”この仕事は変だ”を考えますが、そこから更に進んで”この仕事は何のためにするのか”を考える学習をしなかったのでしょう。

 組織は、役割の分担で成り立っています。そこには、結果を集約し未来を創造し目的を見直し目標を設定し直す役割もあります。それを伝えたらあとは任せる(環境を整え目標を明らかにし手段を教え支援し報酬を渡す)仕事が待っています。
 
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する