何時も必要なこと

 相手の気持ちは分かりません。それでも同じことでも人によって形の違う物事の意味や価値を人から人へと伝えるには、相手の深層心理までたどり着く工夫が必要なわけで、ことが終わってから「そう思っていたのか」と気付いても後の祭りです。

 最近、しゃべり方が遅くなっています。言葉を選ぶところまでは行っていませんが、”この言い回しで良いのか?”を気にしています。何故なら、そもそもの性格が大雑把な上に自分勝手な性格なため不本意な態度や言葉遣いをしてしまうからです。

 今、”昔はよかった”と部下を持った少し古い新人くんは思っているのではないでしょうか?部下を持つと責任の範囲が広がると言うことを知っているつもりでも、実際に責任を全うしようとした時の苦労は、責任に向き合った彼にしか分かりません。

 g-mon も同じ。部下や同僚達、友人、家族に対しての責任に正しく向き合うためには、相手が受け入れられる言葉使いや態度を身に付ける必要があり、それには部下や同僚や友人家族の助けが必要です。ちゃんと話せば助けてくれると思います。
 
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する