仕事での競争相手

 教えたことでも、その場で使えると言うとそうでもないようです。と言うのも2日前に教えたことを指示したのですが理解できずに行動に移せませんでした。俗に言うパニック状態だったのだと思います。でも、それが普通です。いえいえ、にさんの指摘で立ち直りシッカリと作業を熟してくれましたので彼は優秀です。

 逆にある会合で相手の話を十分に確認せず話を進めてしまったために覚えて頂いたことの復習になってしまい無駄とは言いませんが相手を過小評価してしまった g-mon は恥ずかしいと感じてしまいました。彼もスケール感のある話によくぞくらいついて来てくれるものだと感心させられています。彼も優秀です。

 このところ感じるのは g-mon の周りは優秀な人だらけ、と言うことです。このままですと g-mon が遅れを取ってしまいます。彼らが次のステップに上がる前に準備を整えて置かなくてはなりません。今の立ち位置は、まだまだ表舞台に近い位置にいますが、いよいよ本気で裏方に回っての支援を行う準備です。

 昔も今も今後も部下や同僚とは何時も競争です。時々奢ってしまったり調子に乗ってしまったりしますから g-mon は凡人以下であることを忘れずに人の3倍考え行動する覚悟が必要です。それで何とか彼らに付いていくことが出来ます。優秀な人たちとの仕事は楽しいですが大変でもあります。
 
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する