小さな達成感

 技術ソフトウェアグループから一区切りの報告が入りました。予定通りとは言えないまでも内容が明確であり g-mon でも状況が把握できます。何よりは自分達の”役割と責任をしっかり認識し、やるべきことをキチットやってくれている”ことが伝わります。端的に言って嬉しいです。

 今も幾つかの他部署プロジェクトを預かっていますし、形になったので、お戻ししたプロジェクトも幾つかあります。「やってみせて、やってもらって、褒めさせてもらえる」が何サイクルか回ったところで、次のステップに進んでいただくためにお戻しするのが何時ものパターンです。

 その時、とても大きな重圧から逃れられるわけですから正直なところホッとします。良かったと思えます。それが好きです。ただ、彼らには、その先があります。ズットあります。そしてそれを教えるのは、上司の仕事であって g-mon の仕事ではありません。とても大切なことなのです。

 6月になりました。今年も後半年、半年後には、技術ソフトウェアグループも、お戻しすることが出来ると思います。さて、一区切りです。小さな酒宴を開いて労をねぎらいたいと思います。日頃、仕事中心の仲間ですので、今少し”この人は、どんな人なんだろう”と思ってもらわねば。
 
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する