仕事にもあった成長痛

 同僚が頑張っていれば多少なりともお手伝いしたくなるのが人だとは思います。ただ考えて行動をしないと悪いほうに転がってしまいます。例えば、その方が抜けたら無くなってしまう特別ルールとか相手の悪いところを隠してしまうようなお手伝いです。それは、その方や関係した同僚、広くは組織そのものをダメにしてしまいます。

 ただこの行動をとる方々にも正義があります。例えば「納期に遅れたらお客様が困るだろう」とか「そうは言っても相手が困っているから」などと言った正義です。正しいのかも知れません。しかしそのような方に限って最後まで、例えば納期が遅れないようにする根本対策や間違った行動を起こす方に正しい行動を教える努力をしません。

 考え方を知らないので目の前の現象しか見えないのだと思います。であるのであれば仕事を通して順番に考える順番を学んでいただける方法を考えるだけです。ちょうどうまい仕事があります(まあ何時でもちょうどよい仕事はあるのですが)。少しだけ新しく今の仕事に繋がり覚えたら直ぐに部下に任せられ周りと調整が必要な仕事です。

 後は(余計な)仕事をしないことを覚えていただく工夫です。体を動かす仕事から考える仕事に移るには、初めて仕事を覚えた時と同じように、それなりの時間がかかります。その間はとても不安なんでしょう必要の無い仕事を作ってしまいます。それをどうやって止めてもらうか。お互いに辛いですが、これは成長期の痛みなんだと思います。
 
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する