目指せクールに話す

 必要な量を超えて話すと言うことは、相手を混乱させることのようです。のようですと書いたのは分かっているのだけれどやってしまっているからです。余計なことを言わない。寡黙になりたいです。

 仕事を進めるにおいて口を開かないと言うことはありえません。が、相手が黙ると理解されていないと比較的早く判断し口を開いてしまっていました。これに気を付けジット我慢の2分間、長かった。

 相手が口を開き、もう一人の同僚に理解したことの説明を指示の形で話し出しました。驚きました!暫くジット聞いていました。指示が一区切り付いたところで口を挟みましたが余計だったと思います。

 余計なことまで話してしまう理由に「自分に自信がなくなっている」があると思います。相手にしっかり伝わっていると自信が持てれば、もう話すことは無く口を閉ざすベキ。まだまだ修行不足です。
 
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する