言葉選びの面白さ

 同僚何名かに教えを乞い聞いてみると、否定されたり理解の外のことを強く言われたりすると腹が立つ人が多いようです。 g-mon にとって本来そのようなことは「どうでもよい」と言う分類に入ってしまい、その分類の方とは接触を少なくすると言う手立てを取ってきました。今までは。

 我関せず我が道を行くを通せる範囲の仕事をしていた時には気にも留めませんでしたが、いざ全社に関わるとなると、どうにもいけません。何かと横やりが入り痛くもない腹を探られます。そう、敵を作ると言いますか日頃のチョットした言葉使いで生きやすくも生きにくくもなるようです。

 面白いのは、上司が面白くないと思い色々言っている場合には、内容のわかっていない部下は鵜呑みにして、そのままその言葉を反復して話をして文句を聞かせてくれることです。筒抜け。逆に、その部下が納得した場合、面白くないと言っている上司に話が伝わることは、ありません。

 利口な上司ならば情報を集めようとするでしょうが。全ては g-mon の今までの言動の過ち、身から出た錆、しかたがありません。できるかできないか言葉使いを何とか改める行動方法を探しましょう。そして言葉の問題ですから修正された言葉をどのように伝達するか。それも面白い。
 
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する