「伝える」から「伝わる」へ

 あいかわらず伝え方に苦慮しています。それはそうです事が運ぶにつれ行動する人数は増え内容も高度になっていくのですからしかたがありません。どのような点に苦慮しているかというと、どこまで説明しどこから答え(目標)を自主的に見つけて貰おうかの線引きに苦慮しています。

 言ってみれば後輩たちが考える余地をどの程度残すかと言う問題でもあります。この会社は個の意見に対し理解しないで動くことを長く続けてしまったために自主的に考えることの重要性に気付けないのです。ですから考える楽しさや自主的行動の後の達成感を味わい身に着けて欲しいのです。

 任せている会合(毎月1)のリーダー報告や毎回のメンバーに対するアンケート結果から推測すると、もう一段下がった「やってみせる」が必要のようです。幸いなことに別プロジェクトで進めている行動結果が良い事例になります。最初に答えを示して論理的な思考の道筋を示す、どうでしょうか?

 伝えることは g-mon 自身の考えを整理することであり勉強です。伝え共に行動することで結果が出せ達成感を味わっていただけ、結果として信頼関係が深まって来たからこそ、今も多くの仲間が共に行動してくれているのだと思います。「伝える」から「伝わる」への学習、続けたいと思います。
 
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する