ものはためしで言ってみる

 後輩の前でボソッと「何で計画が上手くいくのだろう?」思っていたことが声にでてしまいました。そうしたら後輩が「声にだして言うからじゃないですか?」と返してくれました。そう言えば g-mon 夢を語るのが好きですので色々な機会に夢を語ります。そして言われます「楽しそうですね」と。

 正直、語っているときは楽しいです。夢が現実に思えてきて、まさに目の前にあるような気さえしてきます。 そして語る都度に夢の骨格がハッキリしてきて同時に仲間たちも、より興味を持ってくれます。どういうメカニズムなのか分かりませんが共感をしていただけるようです。

 そしてユックリですが夢が現実になって行きます。何となくですが夢を声に出して語る都度、夢が成長し太く大きくなって行くような気がします。それが感じられます。それは人の気のようなもので語りかけた相手の気も共感とともに夢の周りに集まってくれより強く大きくしてくれているような感じを受けます。

 多分ですが夢は声に出して誰かに伝えた方が叶う可能性が高くなるように思われます。人は誰かに話しかけながら自分は何をどのように考え思っているのだろうかと反復し理解するような頭脳を持っています。深い思考も大事ですが声をに出すこと、誰かに語ることでより深い気付きを得られます。キットそういうものです。
 
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する